Agricultura orientada à reciclagem

循環型農業

次世代へ繋ぐ暮らしを目指す「循環型農業」



昔、日本の農家では「家畜」として豚がいました。家庭から出た夕食の残り物や収穫した野菜・穀物の一部を豚に食べさせていたと言われています。その豚の糞尿は土の肥しとなり、大きくなった豚は大切にいただいていました。

時代が変わり、「家畜」のカタチも変化しました。G・ファームでは、私たちの孫の孫の代まで続く、次世代の暮らしのために「循環型農業」の実現を目指しています。

バイオマス発電


「バイオマス」とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源のことを言います。
G・ファームでは、豚が排出する糞尿を一度大きな槽にためメタン発酵させることによって生じるガスから発電をしております。発電した電力は一度、電気会社へ売電し日々の生活で使用される電気の一部になります。
発電の役目を終えた糞尿は浄化槽で適切に処理され、熟成させて有機肥料としてお米や野菜などの栄養に変わります。




熱帯果樹栽培


田原市は通年通して温暖で、海と山を有する貴重な産地特徴を持ちます。その特徴を生かし、国内では輸入に多くを頼っている、熱帯果樹をはじめとする農業の実現にも力を入れています。この果樹栽培には、バイオマス発電でタービンを動かす際に出る余熱を利用し試験的な温室を稼働させ、苗木の育成から作物の研究まで行っています。また、土の状態を見て有機肥料も利用し、養豚の可能性を幅広く実現しようとしています。




ロゴ
G Farm Co., Ltd.
441-3421
Ninomaru 4-1, Cidade de Tahara, Cidade de Tahara, Prefeitura de Aichi
TEL. : 0531-22-1129
Fax. : 0531-22-4186