田原ポーク

田原ポーク

田原ポークのこだわり

01. 地元の品種を
清らかなπウォーターで

田原ポークになる豚は、地元・愛知県のすぐれた品種をかけあわせた三元豚です。生産効率を求め海外で育種改良された品種が昨今の養豚業界の主流となってきている中で、「田原ポーク」は病気の予防、そして馴染みのある風土で健康的に育てるためにも、地元の品種をじっくりと育てます。

さらに飲み水には、良質な地下水を活性化させた「π(パイ)ウォーター」をあたえています。そうすることで細胞のすみずみまで水がゆきわたり、パサパサしないジューシーな肉質が生まれます。

02. 環境にも豚にもいい
イモ・麦・米 のスムージー

豚のエサは一般的に、飼料メーカーから仕入れたトウモロコシを主原料とした配合飼料ですが、田原ポークには、イモ・麦・米類などを原料とした食品副産物*を専用の機械で独自ブレンドし、スムージーのような液体飼料を与えています。
豚の成長に合わせ配合を調整することができ、一年を通して消化吸収の良いエサを与えることができます。また国内の食品工場から出た食品副産物を豚の飼料として与えることで、フードロスの減少に繋がればという思いも込められています。
季節や天候、豚の発育をみながら状況に応じたエサを日々作っていくのは大変な部分も多いですが、養豚業を営むものとして、大きな意義があると感じています。


03. 安全とおいしさのために
徹底した衛星・環境管理を

病原菌の発生を防止するために、休息舎の地下に活性炭を埋設しました。舎に入る前後には、必ず殺菌消毒を心がけるなど、病原菌対策には常に気を使っています。
また、温度、湿度、換気は、コンピュータ管理を実現しており、舎内は常に適温になっています。
田原ポークの豚は、いつも清潔な環境で健康に、また快適な環境でストレスのないよう、農場の人達に愛情を注がれながら育てられています。

ロゴ
株式会社G・ファーム
〒441-3421
愛知県田原市田原町二ノ丸4-1
TEL : 0531-22-1129
FAX : 0531-22-4186